ドイツ留学☆ヴュルツブルク滞在記

研究者の夫についてドイツへ引っ越した主婦のブログです。

【災害対策】マイン川と洪水ハザードマップ

先日ドイツにハリケーン「Sabian」が接近し、領事館から注意喚起のメールが届きました。

f:id:hanarino:20200221184256j:plain

ハリケーン接近中

倒木や土砂災害以外に冠水にも気を付けてと書いてあり、心配になった私。ヴュルツブルクもマイン川が流れており、我が家も川のすぐそばです。

 

山地が多く急激に増水する日本の川と違い、平野を流れるヨーロッパの川は流れがゆっくりなので、徐々に増水し溢れるとのこと。

なので注意していれば、気づいた時には時すでに遅し…となることはなさそうですが、一度氾濫するとなかなか水が引かない…という欠点もあるそうです。(数週間とか。)

 

早速ハザードマップを探してみました。

f:id:hanarino:20200221193557j:plain

結構な範囲で水没するじゃん…。もちろん我が家も水没エリア内。水没したら道路に停めてある車もオジャンです。

 

こちらのサイトによると小規模なものを含めると、ほぼ毎年ヴュルツブルクのどこかしらで発生しており、2003年と2011年には大規模な洪水があったそう。1980年代半ばに行った工事のお陰で、被害はほとんどなかったそうですが…。

 

f:id:hanarino:20200221210407j:plain

出典:www.wuerzburg-fotos.de 

 

 

天気予報でレーダーを見ていれば、いまどの辺りにハリケーンが来ているかを知ることができますが、問題は上流で大雨が降った場合、下流の町での川の増水にはタイムラグがあるということ。なので水位を確認できるサイトを探しました。

 

こちらのサイトから最新水位がチェックできます。

www.hnd.bayern.de

こんな感じでグラフ化されており、リアルタイムで更新されるので安心です。350cmを下回っているぶんには大丈夫。

f:id:hanarino:20200221194106j:plain

グラフ下の2-Tages-Trendをクリックすれば、今後48時間の推移予測が見られます。

f:id:hanarino:20200221195319j:plain

こんな感じ。

f:id:hanarino:20200221195821j:plain

今回のハリケーンも日をまたいでの接近だったので、寝ている間に氾濫したらどうしよう…と思っていたのですが、予測を見て安心することが出来ました。

 

先ほど載せたハザードマップの詳細は、下記方法で見ることが出来ます。

①ページ左側のHochwassermarken / Überschwemmungs­gebieteをクリック

f:id:hanarino:20200221200718j:plain

Überschwemmungsgebiete und wassersensible Bereiche in der Pegelregion(下図の赤矢印)をクリック

f:id:hanarino:20200221200823j:plain

 

幸い今回のハリケーンで氾濫することはありませんでしたが、災害はいつ起こるか分かりませんからね。一度ハザードマップを確認してみてください。ハリケーン接近時はこまめなチェックを!

 

以上、マイン川と洪水ハザードマップでした。

シュタイフミュージアムに行ってきた!

f:id:hanarino:20200119050914j:plain
ギーンゲン(Giengen)にあるシュタイフミュージアム(Steiff Museum)に行ってきました!

 

場所はこちら

f:id:hanarino:20200119053651j:plain

住所:Margarete-Steiff-Platz 1,89537,Giengen an der Brenz

 

営業時間

ミュージアム  毎日午前10時~午後6時(最終入場は午後5時)

アウトレットショップ  毎日午前10時30分~午後6時

レストラン(Bistro Knopf)  毎日午前11時~午後5時

12/25,26、1/1Karfreitag(聖金曜日のこと。年によって異なります。2020年は4/10。)は休館。12/24,31は午後1時までの営業。

※2020年1月現在。最新情報は公式HPでご確認下さい。

※注意 2020/1/27は棚卸しのために閉鎖。(ファクトリーアウトレットのみ営業)

 

電車でも行けます(Giengen駅から徒歩3分)が、私たちは車で行きました。駐車場は建物のすぐそばにあります。

f:id:hanarino:20200119053904j:plain

f:id:hanarino:20200119054022j:plain

駐車券をミュージアムのチケット売り場で出すのを忘れずに。4時間無料にして貰えます。

 

クロークに荷物を預け、チケットを大人10ユーロで購入。英語か日本語の回どちらがいいか聞かれたので、日本語を選ぶと少し待ってねとのこと。20分くらい待ちました。

f:id:hanarino:20200119054731j:plain

レジ横のくまさんのとなりで待機

ラッキーなことに、日本語回は私たちの貸し切り!土曜日の13時くらいに行きましたが、どうやらこの時間は空いている様子。14時半くらいにはチケット売り場が混雑し始めていたので、ランチタイムはチャンスかも。

 

前半はシュタイフ誕生の物語&ミュージアムのキャラクターと一緒に、行方不明になった3000匹のくまちゃんを探しに行くというストーリー。お話を聞きながら動くぬいぐるみ達を見てまわります。

f:id:hanarino:20200119055811j:plain

f:id:hanarino:20200119055510j:plain

ぬいぐるみ達の海

f:id:hanarino:20200119055613j:plain

北極ゾーン

f:id:hanarino:20200119055650j:plain

さいごは世界中に散っていたくまちゃん達に会えました

f:id:hanarino:20200119060009j:plain

f:id:hanarino:20200119060034j:plain

日本のくまちゃんも発見

無事くまちゃんを発見し、後半はいろんなぬいぐるみ達の展示コーナーからスタートです。

f:id:hanarino:20200119060226j:plain

f:id:hanarino:20200119060312j:plain

f:id:hanarino:20200119060440j:plain

f:id:hanarino:20200119061233j:plain

f:id:hanarino:20200119060524j:plain

実際に乗れるぬいぐるみもあります。

見終わったら次はヘビの滑り台or階段(エレベーター)で、下のフロアに移動します。

f:id:hanarino:20200119060724j:plain

大人も結構すべってました。もちろん私も。

このフロアにはシュタイフ誕生から今日までの作品が展示されています。

f:id:hanarino:20200119060941j:plain

f:id:hanarino:20200119061001j:plain

創設者のシュタイフさん

f:id:hanarino:20200119061036j:plain

ルーズベルト大統領とティディベア

f:id:hanarino:20200119061120j:plain

我らがくまもんを発見

実際にぬいぐるみを制作している様子が見られるコーナーもありました。

f:id:hanarino:20200119061322j:plain

f:id:hanarino:20200119061353j:plain

綿を少しずつ丁寧につめてました

f:id:hanarino:20200119061448j:plain

仕上がりまでの流れも展示されています。日本語あり!

また、ここでは自分だけのオリジナルのベアを作ることが出来ます!

f:id:hanarino:20200119061815j:plain

ぬいぐるみを選び→洋服のロゴをチョイス→メッセージか名前をプリントできます

15分程で完成するそうで、記念にぴったりですね!お会計は展示エリア終了後、最初にチケットを買ったレジでします。

私もと~~っても作りたかったけど、今回は他に狙っている子がいるので断腸の思いで諦めました。

 

最後はミュージアムショップです。世界最大なだけあって、品ぞろえが豊富です。

f:id:hanarino:20200119062645j:plain

f:id:hanarino:20200119062722j:plain

f:id:hanarino:20200119062737j:plain

f:id:hanarino:20200119062806j:plain

アインシュタインベアちゃんも居ました

f:id:hanarino:20200119062847j:plain

キーホルダーもかわいいです

f:id:hanarino:20200119062926j:plain

ベビーウェアもたくさんあります

そして!私が今回狙っていたのがこちら!!

f:id:hanarino:20200119063002j:plain

2020年版 シュタイフミュージアム限定ベアです!

私の好みのお顔&今年は私の大好きなピンク!(去年は水色)シュタイフはドイツに居る間にいつか買いたいと思っていたんですが、ついにその時が来た!って感じでした。

「いいお値段だけど…!ドイツ留学の記念にもなるから…!日本では買えないから…!」と夫に懇願し、少し早いけど誕生日プレゼントの代わりに買ってもらいました~!

f:id:hanarino:20200119064022j:plain

慎重なる協議の結果、見事選ばれ我が家にやってきたNo153ちゃん

シュタイフによると、シュタイフのぬいぐるみは品質が良く、丈夫で長持ちするので、ドイツでは母から子へと代々受け継がれるそう。このぬいぐるみもいつか私たちの子供へと受け継ぐのでしょうか…私はあげません(笑)

大人向け商品(キッズ用の安いやつじゃなくて、高い価格帯のシリーズ)は、会計時に箱は必要かと聞かれるので、是非もらってください。こんなかわいくて丈夫な箱に入れてくれます。(無料です。)

f:id:hanarino:20200119065035j:plain

 

また、ミュージアムの外には別棟があり、そちらがアウトレットショップです。

f:id:hanarino:20200119064502j:plain

ミュージアムショップに比べると品数は少ないですが、掘り出し物が見つかるかもしれません!割引率は商品によって様々ですが、かなりお得に買えます。

ミュージアムショップは何回でも入れるので、欲しい子が居たらまずはアウトレットショップを見てくるといいと思います。

f:id:hanarino:20200119064657j:plain

f:id:hanarino:20200119064720j:plain

f:id:hanarino:20200119064748j:plain

こちらは正規料金の半額

ここで出会ってしまったのが、こちらのくまちゃん。

f:id:hanarino:20200119065358j:plain

シュタイフのくまちゃんには名前がついています。この子はGeorgeくんです。

なんと定価69ユーロがアウトレット価格48.95ユーロになり、そこから更に値引きで30ユーロになっていたのです!

f:id:hanarino:20200119065639j:plain

値段とお顔を夫が大変気に入り、こちらのくまちゃんも購入。

あとで日本向けのネットショップでの販売価格を調べたら16,000円と分かり、さらに得した気分に(笑)

「たくさん仕入れて転売したらめっちゃ儲かるじゃーん!」と盛り上がりました。めんどくさいからやらないけど。

 

ミュージアムとショップで、だいたい2時間くらいの滞在でした。

f:id:hanarino:20200119070846j:plain

実際のシュタイフ工場はこの透明な建物

ミュージアムにはレストランも併設されているので、ここでランチをしてもいいですね。

f:id:hanarino:20200119070606j:plain

見学後、ついでにギーンゲンの街並みも見てきました。

f:id:hanarino:20200119070947j:plain

もともと小さな町ですが、まあ…特に何もありません(笑)町の所々にくまのオブジェがあるくらいですので、時間があればお散歩がてらに行ってもいいかな?という感じでした。

f:id:hanarino:20200119071007j:plain

f:id:hanarino:20200119071020j:plain

f:id:hanarino:20200119071037j:plain

 

ミュージアムもかわいくて大人でも楽しめましたし、お得にショッピングもできて大満足でした。ローテンブルクやディンケルスビュール、ネルトリンゲンとセットで観光してもいいですね。

また、フランクフルトからは少し遠いので、時間が無い場合はWertheim Village にシュタイフのアウトレットショップがあるので、そちらに行ってもいいと思います。

 

以上、シュタイフミュージアムでした!

【100均 おススメ】ドイツでも快適☆ウォシュレット生活

f:id:hanarino:20191210181937j:plain

みなさんは自宅トイレのウォシュレット、どうしてますか?

 

トイレ天国JAPANで生まれ育った我々には、海外のトイレは辛いですよね。私もウォシュレットがないとダメ派です。

中には日本からウォシュレットを購入して持ってくる強者もいるようですが、規格が合わず設置できない場合もあります。

f:id:hanarino:20191210174130j:plain

うちのトイレに至っては、四角形です…

我が家ではずっとPanasonicの携帯ウォシュレットを使っていたのですが、実はドイツに越してきてからの1年間ですでに2本壊れ、現在3本目…。

f:id:hanarino:20191210174220j:plain

Panasonic 携帯用おしり洗浄器 ハンディ・トワレ DL-P300

フォローするわけじゃありませんが、使えている間は快適なんですよ。それに本来は旅行用で、毎日酷使すること前提に作られてないでしょうから、寿命が短くなっても仕方ないのかなと…。

でも1本約6,500円するので痛い出費ですし、ドイツからでは再購入が出来ないので困ってました。

ですがそんな問題を一気に解決する大変便利なモノを、今回の一時帰国で見つけたのでご紹介したいと思います。

 

それが、ダイソーの携帯ウォシュレットです!

f:id:hanarino:20191210174113j:plain

ペットボトルにつけて使用するもので、ノズル部分のみが売られています。

たまたま見つけて100円だしと思い、ためしに購入したのですがこれが大正解。

 

ドイツのペットボトルにも、きちんとつきました。

f:id:hanarino:20191210174142j:plain

国によってはペットボトルの口のサイズが違って、つかない場合もあるようなので、確認した方がいいかもしれません。

 

さっそく水量を確認します。

f:id:hanarino:20191210174153j:plain

女性の私が片手で押しても、簡単に十分な水量が出ました。私の体感ではPanasonicのものと、変わらないと思います。

ノズルを押し込めばペットボトルの中に収納することも可能です。うちではつけっぱなしにして、トイレの脇に置いてます。

f:id:hanarino:20191210174207j:plain

難点はペットボトルを傾けた時に、ノズルの先から少し水が漏れることですかね。勢いよく傾けると、太ももの内側などが濡れてしまうので、気を付けてゆっくり使った方がいいです。

でも100円でこのクオリティなら、素晴らしいと思います。機械じゃないので壊れることもないですしね。

 

ドイツでのウォシュレット生活に2万円近く費やした我が家…。もっと早くこの商品を知りたかったですね(笑)

非常におススメですので、ぜひお試しください☆

フランケンシュタイン城🎃ハロウィン祭り

フランケンシュタイン城のハロウィン祭りに行ってきました!

f:id:hanarino:20191029005355j:plain

 場所はこちらf:id:hanarino:20191029015943j:plain

フランクフルトから車で45分程、ダルムシュタットの南にあります。

 

この城は、なんとあの怪物フランケンシュタインのモデルになった廃城です。

「フランケンシュタイン」というのは、この城を13世紀以前に建築した貴族の名前ですが、17世紀後半に城主だったヨハン・コンラード・ディッペルという男が、この城で死体の解剖実験をしていて、夜な夜な死体を盗んでいるという噂もあったとか・・・。

f:id:hanarino:20191029021003j:plain

そんなお城で毎年10月~11月に開催されるハロウィンイベントは、今年でなんと40周年!(日程は変わるので要チェック)ドイツ国内最大規模のイベントなんだそう。

14歳以下は入場禁止本格Dayと、子供向けの恐怖度を抑えたKinder Dayがあります。私たちが行ったのは本格Day。 

 

お城のすぐ近くにも駐車場があるのですが、イベント期間中は駐車できません。

少し離れた場所に無料ハロウィン用の臨時駐車場(Mainstraße 130, 64319 Pfungstadt)がありますので、そちらに停めます。

f:id:hanarino:20191029024337j:plain

toom BaumaektとEDEKAの看板が目印です

f:id:hanarino:20191029024658j:plain

赤丸の部分が臨時駐車場になっています

ここから15分ごと無料のシャトルバスが出ていますので、そちらに乗って下さい。バスに乗る前にはチケットとバッグの中身のチェックがありますので、準備しておくとスムーズです。15分前後でお城に到着します

 

セキュリティチェックはかなり厳しめ。ボディチェックがしっかりあるので、男女で分かれて受けます。バッグの中身も再度ここでチェックされます。1ユーロで荷物を預けることも可能です。(1.5ℓ以上の容量があるバッグは持ち込めません)

他にも持ち込めないものなどのルールがありますので、詳しくは公式HPをご確認ください。(英語です)

 

セキュリティを通過し、チケットの確認が終わりゲートを進むと、お酒や軽食を販売しているSafety Areaがあります。f:id:hanarino:20191029010407j:plain

f:id:hanarino:20191029010508j:plain

ビールが4ユーロ、フライドポテトが2ユーロ程。

この日のイベントは19時から翌1時まで。城の敷地内に入れるようになるまで、こちらで待ちます。私たちは18時30分くらいに到着しましたが、ほとんど並ばずに入れました。

帰り際(20時半くらい)に見た時には長蛇の列ができていたので、並びたくなかったら早めの時間に来た方がいいです。f:id:hanarino:20191029010713j:plain

中央のスクリーンの脇からお城の敷地内に入ります。

f:id:hanarino:20191029010916j:plain

全体MAP

※公式HPより 

 

中に入ると、あちこちにゴーストやモンスター、ピエロ、魔女達がいます。

f:id:hanarino:20191029011334j:plainf:id:hanarino:20191029011356j:plain

f:id:hanarino:20191029011416j:plain

気が付くと後ろに居たりするので、結構びっくりします。写真は撮れなかったけど、フランケンシュタインも居ましたよ!

日本ではお客さんへのタッチは禁止ですが、ここのおばけには問答無用で襲われます。羽交い絞めにされたり、さらわれて箱に入れられたり、色々です。

f:id:hanarino:20191029010121j:plain

羽交い絞めにされるワタシ

f:id:hanarino:20191029012227j:plain

ピエロに捕まって、足の裏をこちょこちょされるお姉さん。

夫は狼男たちにさらわれて、藁まみれにされていました(笑)

f:id:hanarino:20191029004724j:plain

全体MAPを見てもらえば分かりますが、中央のステージがある広場よりも、その外周の方が色々あって、モンスターたちも沢山います。

f:id:hanarino:20191029013145j:plain

f:id:hanarino:20191029011656j:plain

f:id:hanarino:20191029013213j:plain

f:id:hanarino:20191029013157j:plain

f:id:hanarino:20191029013256j:plain

中央ステージではスリラーダンスをやっていました。時間で色々やってるみたいです。f:id:hanarino:20191029012552j:plain

他にもゾンビ工場とか、人体解剖部屋とか色々ありましたけど、グロ画像なので自粛します(笑)鼻につく血の匂い?が立ち込めていて、結構リアルでした。

f:id:hanarino:20191029012829j:plain

ゾンビ部屋の血のバスタブ

チケットは事前販売か公式HPからのオンライン購入のみ!現地での当日販売はしていませんのでご注意ください!日にちによって料金が変動しており、私が行った日はおとな30ユーロでした。

優先入場やビュッフェなどが含まれるVIPチケット(90ユーロくらい)というのもあるのですが、個人的には通常チケットで十分だったと思います。高いし。

frankenstein-halloween.de

 

私はお化け屋敷が苦手で、富士急戦慄迷宮なんて絶対に入れない人間ですが(グロは平気)、かなり楽しかったです!本格的ですけど沢山人が居ますし、怖くて歩けない…なんてことはありませんでした。

イベント会場内には万が一に備えた救急車や、セキュリティが沢山いますので、何かあっても安心です。 

ちなみにお客さんもコスプレしてもOKだそう。この日はシスターの亡霊軍団がいましたよ(笑)

 

本物のお城でやるハロウィン🎃は、日本では体験できないので、ぜひ行ってみてください!寒くなる日もありますので、防寒対策は忘れずに~!

秋の味覚 フェダーヴァイザー(Federweißer)

フェダーヴァイザー(Federweißer)のシーズンも、残り少なくなってきました。

f:id:hanarino:20191019071958j:plain

フェダーヴァイザーはまだ発酵途中で、通常のワインよりアルコール度数が少なく、とっても甘い白ワインのことです。

ほかに赤とロゼもあって、赤はフェダーローター(Federroter)といいます。

発酵していて炭酸ガスが発生しているため栓の密閉ができず、運送が難しいため、あまり国外には出回らないという代物。ぜひドイツにいる間に楽しんでおきたいワインです。

 

値段も1本3ユーロ程でとてもリーズナブル。販売時期は9月初旬から10月末くらいまでで、スーパーでも手に入ります。ヴュルツブルクではKupschで売られていました。

f:id:hanarino:20191019074449j:plainf:id:hanarino:20191019075313j:plain

Kupschで購入したフェダーローター(Fedherroter)

赤・白・ロゼとそれぞれ飲みましたが、赤の方がよりぶどう感があって、白の方がスッキリした印象。濃厚な感じが好きなので、私は赤の方が好みでした。

またユリウス・シュピタール(Juliusspital)など、ワイナリーのフェダーヴァイザーも飲みましたが、ワイナリーのものの方が甘みが少なく、よりワインに近い印象です。

 

発酵加減は自分で調整することが可能です。購入後、「今の感じが好き!」と思えばすぐ冷蔵庫へ、もう少し発酵させたければ常温で置いておけばOKです。

また、店では蓋が半開きのため横にすることができず、縦置きで陳列されています。(常に蓋は密封せず、縦置きで保管が必要です。)レジでも横にしないようにご注意ください。

 

それからフェダーヴァイザーとは関係ありませんが、ワイナリーのぶどうジュースもとても美味しいのでおススメです!ドイツ語ではトラウベンザフト(Traubensaft)といいます。

f:id:hanarino:20191019082101j:plain

これはアイゼンハイムのワイナリーで購入したものですが、1本2ユーロでした。

非常に甘くて濃厚なぶどうジュースです。原液で飲んでも贅沢な気分になりますが、ドイツ風に水や炭酸水で割っても美味しいです。

 

ワイナリーに行く際はぜひお試しください。

ノルウェージャンスター号まとめ (ベニス発 7泊8日 エーゲ海・アドリア海クルーズ)

夏休みを使ってノルウェージャンスター号で行く「エーゲ海・アドリア海クルーズ」に行ってきました!

f:id:hanarino:20190916213034j:plain

日本からだと飛行機代も時間もかかるし、お値段的になかなか手が出せないエーゲ海・アドリア海クルーズですが、ドイツに住んでいるうちなら費用も抑えられる!ということで、決意。

初めてクルーズ旅行というものを体験しましたが、めちゃくちゃ楽しかったです!!特にヨーロッパ在住の方々、この機会にぜひ♡と言いたいです。

 

旅行会社などを介さず、直接ノルウェージャンスターのホームページから申し込みをしたので、自力で必要な情報を集めないといけなかったのですが、その時大変お世話になったのが、こちらのサイト。

cruise-guide.net

 

初めてのクルーズ旅行&英語が堪能ではない我が家にとっては、日本語での情報は非常に有難かったです。

基本的な情報はすべてこちらのサイトに載っているので、私はその他知りたかったこととか、寄港地での観光のこと(全部自力で行きました)をご紹介しようと思います。

 

その他よくある質問はノルウェージャンクルーズのHPにも記載されています。

ドイツ国内からアクセスすると、ドイツ語か英語のサイトに自動的にアクセスされるのですが、VPN接続(私は無料の筑波大のVPNを使用してます)をしてHPを開けば日本語サイトが開けるので、分かりやすいですよ。

 

これからクルーズされる方のお役に少しでも立てば幸いです。

 

hanarino.hatenablog.com

hanarino.hatenablog.com

hanarino.hatenablog.com

hanarino.hatenablog.com

hanarino.hatenablog.com

hanarino.hatenablog.com

hanarino.hatenablog.com

hanarino.hatenablog.com

hanarino.hatenablog.com

hanarino.hatenablog.com

プレミアムビバレッジプランと船内Wi-Fi

私たちが船を予約した時は「FREE at SEA」というキャンペーンをやってまして、私たちはプレミアムビバレッジプランWi-Fi 250分を無料でつけました。

 

プレミアムビバレッジプランではグラスワイン・カクテル・ビールなど15ドル以下のドリンクが飲み放題。高いウイスキーなど、15ドル以上のものは差額を支払うシステム。

f:id:hanarino:20190920014437j:plain

飲み放題に含まれていないのは、ボトルワインやスタバコーヒー、部屋のミニバー、ルームサービスなどです。注文する時は、クルーズカードを渡せばOK。カードにはPBPと飲み放題プランであることが表記されています。

f:id:hanarino:20190920014308j:plain

カードを渡すと、店によってカードを確認するだけの時とレジに通してる時があって、「大丈夫かな…後で請求されたりしないかな…。」と不安になりました。

でもスタッフさんに聞いたら支払いが発生する場合は必ずサインをすることになってるので、サインを求められなければ大丈夫とのこと。これで安心して飲めます(笑)

f:id:hanarino:20190920002519j:plain

5o'Clock Somewhere Bar

バーには一応メニュー表もありますし、メニューに載っていないものでも作れるカクテルなら作ってもらえます。

f:id:hanarino:20190920014753j:plain

f:id:hanarino:20190920014819j:plain

私たちはモヒート、ピニャコラーダ、ブルーハワイなどがお気に入りでした。

注文したドリンクは別の場所に持って行っても大丈夫です。部屋に持ち帰ってゆっくり飲んだりもしていました。

 

Wi-Fiの接続方法はFREESTYLE DAILYに書いてあります。

f:id:hanarino:20190920042052j:plain

Wi-Fiに繋げてSafariを開くとNCLの専用ログインページが開くので、予約した時の自分の苗字と誕生日を入力すればOKです。接続している間、どんどん残りの利用可能時間が減っていくので、使い終わった後は必ずログアウトをして下さい

普段は接続しないで何か調べものをしたい時だけ繋ぐ、という使い方なら8日間で250分で十分でした。あまり電波が良くないみたいな口コミも見かけましたが、普通に調べものをするくらいだったら、さくさく動きましたよ。

 

以上、プレミアムビバレッジプランと船内Wi-Fiでした。